新品プレミアでも仕入れてはいけないフィギュアとは?予約フィギュア仕入れの見極め

フィギュア・ホビーせどり

フィギュアせどりでオイシイのは高利がとれるプレミアが多いこと。

定価で買って3倍で売れるなんて事がザラにあるものだからやめられませんよね。

しかし中には決して仕入れてはいけないフィギュアというものが存在するので、うっかり大量仕入れという前によく確認しなければならないことがあります。

そもそもなぜプレミアになるのかといえば、すでに販売していなかったり、限定生産の品だったり、受注生産で納期が非常にかかるフィギュアだったりするからこそ、高値でもほしいという需給のアンバランスが起きるのです。

そのアンバランスを正常化してしまう現象。それがフィギュアの「再販」です。

フィギュア販売で注意しないといけないのが、直近で「再販」される予定のあるものか否かを見極めておく必要があります。

具体的チェック方法は、これからフィギュアせどりで仕入れるという時に、大手のホビーショップのホームページで再販予約受け付けていないかだけでもみておくといいでしょう。プレミアで高利がとれるものであれば、それくらいの労力をかける価値はあります。※楽天とかで出店してるのをチェックして、予約受付中とか再販予定有りを見ればいいです。

一旦生産が打ち切られたものでプレミア化していても、数ヵ月後に再販が決定して予約を受け付け始めている場合は注意が必要。供給が開始されたと同時に値崩れ確定ですので、それまでに売り切らなければ一気に赤字になることもありますね。

フィギュアはアマゾン倉庫の保管料も高いので、再び値上がりするのを待つにしても大きな損失です。

自己発送で在庫を抱えている場合は、地道にチェックして再び値が上がるのを待つと言う戦法もありますが、これは資金に余裕がある人向け

値が上がるフィギュアは総じて人気キャラ・アニメであることが多く年数を経た後も固定ファンがいます。再販といっても受注生産が基本なので、再び出品数が少なくなった頃に再度仕掛けるということもできないことは無いですが、経験がなければリスクのほうが多すぎてやってられないですね。

再販の間隔は年に多くても2回ほど。そもそも事業規模の小さいフィギュアメーカーはそこまで生産力が高くないのが唯一の救い。

再販されたとしても買えるのは基本的に目をつけていた予約者のみ。再び在庫が少なくなれば徐々に値上がりして高値で落ち着くと言う動きをすることがあります。この辺はモノレートの動きなど過去データもしっかりと参照して傾向を掴みます。

1年2年やってみて、再販後も価格がつりあがるようなものが頭に入ってきたら、これらもまとめて複数のショップで予約して買ってしまうということもあります。寝かせて値が上がるのを待つということですが、本当に確信が持てるまではやらないようにしてくださいね。

時間という経験を積むごとに、再販後も価値が上がるフィギュアか人気が落ち着いてしまうかが分かるようになってきます。まずは地道にチェックする癖をつけてリスクを減らしながらすすめましょう。

その頃には資金も膨れ上がっていると思うので、自身のポートフォリオを確立した上でやってみると面白いと思いますよ。

新品プレミアを予測し予約購入してフィギュアを仕入れる

ちなみに発売前のフィギュアを事前に予約して買っておき、発売後高値になっているのを見計らって投入と言う戦法もあるにはあります。

ただしその基準を見つけるのは結構大変。いくつか私が参考にしてることをまとめてみます。

まずは一番には、大量生産をしないメーカーのものを選ぶこと。バンダイとか大手のおもちゃメーカーのものは製造力が違うので、人気キャラでもなかなか値上がりしないで在庫になる可能性が高い。

早期にプレミアになりやすい「生産数の少ないメーカー」に着目をします。フィギュア製造メーカーの公式ホームページをまずは見に行き、フィギュア専門で食っているかどうか?予約受付とか、再販売などをしてるものが無いか?をチェックして位階の製造ロットの多さを見て行きます。専門であれば小所帯でやってることが多く、作業も細かい匠集団であると見ることができます。

過去にそのメーカーのフィギュアでプレミアになっているものはあるか?あればその上で人気が上昇しているキャラクターや、あまり発売されていないニッチなキャラクターなどかどうかを見ていって判断をしていきます。

あとは完全なマニア的な目線も重要。

プレミアになりやすいフィギュアと言うものは傾向が決まっています。原作の忠実度であったり、原作で評価の高い決めポーズをしているもしくはその再現度、カラーや造形の細かさで評価の高いメーカーなのか?これらを見る目も必要になってくると思います。一度はフィギュアのレビューとかしてるブログもみてみると良いです。「凝った写真」など掲載してこだわりと言うか熱い思いを参考にするのです。

長年フィギュアばっかり見てると傾向はつかめてきて、最近こそ8割がた予約段階で目星を着けられるようになってきましたが、まだまだ難しくはありますね。

その他に当てになるかどうかは保証出来ませんが、予約段階で既に空出品している業者とかいますよね。単に予約受付中のフィギュア取扱店から、一般業者まで色々居ますが、彼らが予約段階でプレ値を設定してきているかどうか?も判断基準といえます。

予約と言ってもあまりに人気でメーカー製造キャパを超えると、予約すら打ち切りということはよくありますよね。予約が打ち切られるほど人気なら、確実に在庫不足でプレミアはほぼ決定しているとみて良いでしょう。そのような状況を踏まえて、いきなり法外な値段を乗っけてる業者は居ます。

ただしそれがアマゾンの枠内だけなのか、全体で予約過多になっているかは分かりません。一部のショップではまだ予約枠が余ってたりするのでアマゾンだけ見るのは危険ですが、複数のショップの動きも見ていくことで判断できます。

もっとも当てになるかどうか分からんと言うのは、この段階で既にあなたも予約購入できないということになりますから、予約フィギュアを仕入れる経験値を得るつもりでリサーチしていくと良いのではないでしょうか。

以上フィギュアについて色々語ってきましたが、無理せず資金ショートの無い範囲で「新品フィギュアの予約仕入れ」も挑戦してみてください。ピッタシはまればなかなか面白いですよ。

コメント