ブログで使う画像・写真の目的と効果とは?何のために画像を挿入するか

デザインイメージ アフィリエイト

ブログ・サイトの記事で使う画像や写真・・・そもそもこれ何のために使うか考えたことありますか?

記事に挿入する画像は様々ありますよね。商品の写真であったり、感情を表すためのイメージ画像であったり。様々な画像を使って「見栄え」をよくしようとしていると思いますが、画像一つとっても明確な「目的」というものが存在します。

プロのウェブ制作会社などが運営するサイトでは、選択する画像・画像の位置や配置・大きさなどそれぞれ明確な意味と訪問者を意識した目的が計算高くこめられています。

画像にはどんな意味がこめられていて、どのように使うのが効果的なのかを考えてみましょう。

画像とは記事で書いている文章をイメージさせるもの

画像を使うことの最大の目的は、文章の理解力を高める補助として使う意味が大きいです。

基本的に記事の文章と言うものは、「読まれない・理解されない」ものということを念頭に入れなければいけません。あなたが思っている以上に、記事は読まれていないし、理解もされていないのです。

それもそのはず、1回記事を流し読みしただけでなかなかこちらの意図は伝わりません。ここで役立つのが「画像や写真」。文章で伝えたいことを表すような画像・写真を使い、イメージを膨らませて理解を深めることを意識します。

人は文字だけではなかなか理解ができません。できる限りマッチした画像を使うことで、頭の中に描くイメージを膨らませてあげれば文章で伝えたいことも伝わりやすくなる効果があるということです。

女性は画像を追って記事を読む

もう一つ画像を使っていくべき理由として、女性の心理状況に合わせたコンテンツの見せ方と言うものがあります。

女性と言うのは男性以上に文字を読むことが苦手であると認識すべき。さらに女性は理屈よりも「感性」を重視して行動を起こします。古難しく文章で説明するよりも、画像や写真で頭の中にイメージがぱっと浮かぶかどうかで、記事の印象を左右してしまうと考えましょう。

極端な話を言えば、画像や写真をメインとして構成していき、文章はその補足としてあっても良いくらい。

女性をターゲットにした記事で商品などを紹介するのであれば、できる限り商品の色々な角度からの写真を使ったり、女性のモデルのイメージ画像などをふんだんに使うなど画像中心の構成にすることで反応を高めることができるのです。

女性向けのサイトなのに、文字ばかりの記事と言う人は一度画像の使用を見直してみるべきと言えます。

効果的な画像の配置を極める

content marketing written by 3d man

では画像を効果的に記事に配置していくためのポイントを解説しましょう。

記事と言うものは縦に縦に長くなっていきます。気合入れて書いた文章ほど長くなってしまい、読む側としては正直なところ「疲れてしまいます」。長くなればなるほど、いいことを書いていてもしっかりと読んでもらえない可能性が高く、精読率に関係してくると言うこと。

そこで効果的に「画像」を配置していくことで、読ませる文章・理解してもらえる文章に役立ってきます。

記事を読むためにはマウスをスクロールして下へ下へと移動していかなければいけないでしょう。画像を挿入するのであれば、スクロールが必要な位置にピンポイントで設置していくことで読者の興味を惹きます。まだ何か下にコンテンツが続くと言うことを意識させ、さらにスクロールへと導くように画像を使う位置も吟味していきます。

画像があることで一旦文字に区切りができますから、文字ばかり読んで疲れていた読者の目を一瞬でも休ませると言う効果もありますね。これがあることで文字を読む疲れを和らげ、文章への理解を深めることにもなります。

大きな段落の区切りとなる手前や、文字が詰まっているような場所に画像を入れていくことで、文字ばかりでは分かりにくい「区切り」を明確にすると言う意味でも画像は効果を発揮してくれますね。

これも訪問してくれた読者をどれだけ考えられるかで、最適な位置は導き出されていくものだと思います。

画像の使い方に関する地味なまとめ

コンテンツのキモとなるのは訪問者にとっての利便性をどれだけ考えられるか?で決まります。良いコンテンツがかけたとしても、それは読んでもらえなければ意味がありません。読み疲れてすぐに閉じられたり、内容を理解してもらえないようでは頑張った意味が無いのです。

画像を目的を持って使うことで、記事全体の理解を高めてもらうことができますから、一つ一つ明確な意図を持って画像を配置していくようにしましょう!

コメント

  1. […] 画像の目的と使いどころ […]