記事に使う画像・写真は有料素材がいい理由!画像とSEOの話

SEO アフィリエイト

ブログやサイトで使う画像や写真は無料画像じゃダメ?

今回のテーマとしているのは、記事やサイトで使うための画像とか写真にはどれだけSEOとしての効果があるか?という部分についての考察になります。

私は今までは無料の素材集から集めた画像や写真を使っていましたが、最近は有料の素材を使う比率を徐々に高めてきています。

有料素材と言うと、低額で個人も使いやすいPIXTAFotoliaなどを良く使っています。他にも高額ですが「アマナイメージ」「ゲッティイメージ」といった大手のニュースサイト・TV局も使う素材集があります。芸能人の写真などでもテレビなどのテロップで出展○○とかで見たことある人も多いはず。

わざわざ高いお金を払ってまで画像を買い、なぜ有料素材を好んで使うのか?SEO的な観点も踏まえて解説をしていきたいと思います。

画像は検索エンジンにしっかり見られている

画像は検索エンジンにとってもしっかりと見られている項目になります。

無料画像の何が問題か?というと、同じようにブログやサイトで使われているケースが多く、同じ画像が色々なサイトで露出すること。

オリジナリティと言う観点からはやや不利となる要素でもあり、良くわからないサイトと同一の画像を使っていることはマイナスになることは無くてもプラスにはなりえません。

そもそも画像や写真はそれだけをとってもコンテンツの一つとなりえるものだから、同じ画像があちこちで使われているのは「オリジナリティが低い」と判断されてしまっても仕方ありません。

有料画像をわざわざ使う人は特にアフィリエイターではほとんどいません。写真くらいは自分で撮るかもしれないですが、自分で撮影が難しい人物やイメージ画像などは無料で済ませることがほとんどなのです。

ここに有料画像をあえて使って差別化をしていく目的があるのです。

画像のファイル名を変えたり、ちょっと装飾を加えれば良いんじゃないの?と思うかもしれませんが、グーグルも最近は画像認証の技術を高めています。今までは画像のファイル名や、前後の文字列から判断していた部分が大きかったのですが、最近は画像に何が写っているか、似た画像は無いか、ファイルや画像説明以外の要素も取り入れています。このことからファイル名だけ変えたりちょっと手を入れるだけではオリジナルと判断してもらうことはできないと考えるべきです。

オリジナリティある画像の評価は高まる

オリジナルのイラストを活用したり、自分で撮影した写真などを使うことはサイトのオリジナリティを高めて検索エンジンからのSEO評価も上がります。

もちろん独自の画像を使っていれば良いというものではなく、記事の内容と関連性があり、理解を深めてくれる画像は記事の評価も上げてくれると言うこと。

有料の画像を使う意外にも、外注でイラストレーターさんに記事をイメージしてイラストなどを書いてもらうというのも一つの手ですね。こちらもお金はかかりますが、唯一無二の差別化ができることになり、検索エンジンからの評価も上がる傾向にあるのです。

万が一のトラブルへの安心感

画像や写真に関するトラブルで一番多いのが、パクリなどによる画像の無断使用。せっかく自分が書いたイラストや撮影した写真を使っても、パクル奴はとことんやってきますから困ったもの。

有料の画像であれば、販売元が著作権をしっかり管理し常にネット上を巡回して監視をしています。このため疑わしきサイトを見つけては、パクリ犯に制裁をするため行動していますね。まあ一つの抑止力ともいえるでしょうか。有料画像のパクリはものすごく法外な損害賠償に発展しますから、サイト全体でパクリを抑制するための保護措置になるとも考えています。

有料素材についてのアフィリエイト課長的まとめ

ここまで有料の画像や写真を使うことに対するSEO的メリットを解説してきました。

画像一つとっても見方を変えれば色々な要素が絡んでいると言うことをお分かりいただけたと思います。

だからといって全ての画像を有料にしなければダメ!ということはなく、今でも無料素材はしっかりと使っています。

ただやっぱりしっかりとオリジナルのビジネスを展開していく上では、他と差別化をしていくことは必要になってきます。画像はイメージが頭に残りやすいので、「どっかで見たことある」と思われたら損ですよね。

アフィリエイトなどをしているなら、稼いだお金を少しづつ自分のサイトの素材にも投資をしていく無料では手に入りにくい画像や写真を使うことで、差別化とコンテンツの質を高めていくと言うこともぜひ意識してやって欲しいと思います。

使いやすい有料素材販売サイト

アフィリエイト課長が今まで検証して使い続けているのが、

PIXTAピクスタ・・・国内のサービスで分かりやすく、日本人向けの画像が充実している。無料素材とは一線を画す魅力的な画像が手に入る。

Fotolia・・・世界中で使われており、1点98円の画像もあって個人で利用するにもお財布に優しい。

の2社の有料素材サイト。2社使うのはそれぞれ微妙に違うイラストや画像が登録されているため。1枚あたりの価格が安く、イメージ画像なども充実しているためまとまったお金が入ったときに定期的に買って補充しています。

コメント

  1. […] >>記事の画像とSEOの関係性を検証してみる […]