「せどり」してる人達との交流で感じる稼ぐための成功法則

ビジネス雑記

先日山梨県にて、せどり・転売で成果を出されている方たちとの勉強会へ参加させていただきました。

せどりというとアフィリエイトと同じく、個人でできるネットビジネスではメジャーなもの。商品を安く仕入れて高く売るというビジネスの一つの原則でもあるので、単純で分かりやすく結果が出やすという取り組みやすさがあります。

私も取り合えずネットで稼ぎたいという人に何か教えるなら、「まずはせどりをやってみるのが一番手っ取り早い」という考えを持っています。言い方は悪いですが、行動さえしていれば結果が積みあがる。キャッシュフローの速さは事業として取り組むにも最適な手法です。

今回はそんなせどりで大きく稼いでいる人たちとの交流に参加し、成功法則やうまくいくためのコツを私なりに読み取ってきたことをまとめます。

共通する成功法則1:スピード感と圧倒的物量

結果を出されている人の多くは、実に始めてから1年足らずで月商100万200万と大台に乗せています。アフィリと違い「月商」なので、実際に手元に残る利益は30万から50万ほど。それでもアフィリエイトと異なり大きなお金を動かしているというのはビジネスの感覚をよりリアルに実感できるものです。

なぜこれだけ短期間で大きな数字を出せるのか?共通しているのは、「誰でもできることを誰にもできない量とスピードでこなす」これだけなんですよね。

せどりは実店舗にしろネットでの仕入れにせよ、価格差のあるものを調べて購入して、需要のある媒体にて再度販売をして差額を取る。やることってこれしかないわけです。

うまくいかない人は何癖理由をつけて行動をしません。時間がない・見つけられない・ライバルが多い・センスがない・車がない・ネットが遅いなど、ビジネスの世界では何も通用しないような言い訳を巧妙に並べ立てます。これはアフィリエイトでも同じことですよね。

結果出す人はとにかく空いた時間のすべてで行動をしています。仕事帰りに空いてるお店に寄る、空き時間にスマホでセール品をチェックする、行ったことがないお店を片っ端から回る、お店の商品を全部調べる・・・これを当たり前のようにやってきています。

共通する成功法則2:稼ぐ額は失敗数に比例し大きくなる

せどりで成功してる人が必ず持っているもの。これは「失敗談」です。

物販において失敗に通じるリスクとしては、商品の需給バランス崩壊による値崩れ、ライバルの増加による値崩れ、想定外に売れないことによるキャッシュフローの悪化などがあります。他にも顧客とのやり取りや、販売媒体であるアマゾンやヤフオクなどとのトラブルも事欠きません。

うまくいってる人って全てこれらを乗り越えてるんですよね。何かしらトラブルを経験し乗り越えた「武勇伝」を語ってくれます。

結果を出してるかどうかを判断するに、「失敗談」を多く持ってる人ほど信用足りえるものはないでしょう。

失敗を経験するということは、上手くいかない方法、やってはいけない方法を知ることができます。ケガしないと人は成長できないんですよ。痛みを知るからこそ、次どうすればいいのか考える理由が生まれる。教材や塾ではうまくいく方法こそ語られますが、失敗談を個別のケースで語られることはなかなかありません。ダメな感覚は自分自身で体に教え込むしか方法がないのです。

この積み重ねこそが成功してる人の数字を盤石なものにしてると分析しています。

まとめ

今回はせどり物販に視点を当てて話をまとめてみましたが、ビジネス全般に通じるものがありますよね。結局動き続けて行動し、失敗を積み重ねていかなければ成功というチャンスはつかめないのだと。

そして驚くほど地道ですが、誰にでもできるようなことを続けているだけ。特別なスキルや人脈がいらないのは、アフィリエイトなどのネットビジネスでも共通しています。やってできないことはないのですよ・・・。

マインド論的なまとめになってしまいましたが、これができていなければうまくいくはずない。ライバルが多いだの飽和してるだの余計な心配する前にやったらいいんですよ。お金を稼ぐのは簡単な世の中になりましたが、甘いものではないというのは今も昔も変わりませんね。

コメント