5月は軒下や植木にアシナガバチが巣を作る!子供が触る前に早めに駆除

生活・季節のテーマ

桜の季節も落ち着いて、カラッと天気の良い日が続く5月中ごろ。

仕事の合間に子供と遊びながら家の周りを散歩していたら、庭の植木の中に何やらうごめくものが居るのを発見。

近づいてみてみると、郊外では普通に見かけるアシナガバチが小さな巣を作っているではありませんか・・・。

まだ1匹しか居ないのを見るに、女王バチがせっせと巣作り子作りに勤しんでいる模様。

かわいそうだし見逃してやるかとも考えましたが、子供が蜂の巣に興味を持って猛突進!慌てて首根っこ捕まえて引き離しましたが、1匹といえども子供が刺されようものなら一大事です。

今回は子供でも手の届く位置に巣を作ってしまっていたので、とりあえずキンチョールで追い払った後に巣を取り除いて処分しました。

車のガレージや軒下を良く確認しよう

翌日、天気がいいので車のカーペットを掃除しようと車庫に向かうと、何やら見覚えのあるトラ模様がいる。

何とアシナガバチが車庫の屋根の部分にも巣を作ってるではないですか。しかも2個もあるので、昨日追い払った個体とはまた違うらしい。

今回は子供の手が届かないのはいいですが、巣が成長して蜂の数が増えてくれば大人でも危険にさらされる可能性が高いです。

今回もキンチョールで蜂をどかした後に、ホウキを使って巣を取り除きました。うん、キンチョール万能すぎる、というかアシナガバチも殺せるくらい強い殺虫力。どちらも蜂が1匹しかおらず、できたばかりの巣だったのが救い。

大きくて手に負えなくなる前に除去する

Paper Wasp Nest

アシナガバチは5月中ごろから活発に行動を初め、各地に巣を作り出します。

とりあえず、こんなサイズになって自分の手に負えなくなる前に、小さなうちに巣を除去しておいたほうがいいですね。

アシナガバチが巣を作りやすい場所と、個人的に営巣していたことがある場所は以下の項目。

  • アパートの駐輪場
  • 生垣・庭木
  • 塀のブロックの穴・隙間
  • コンクリートブロックの穴の中
  • 車庫の屋根
  • 軒下・ベランダの下など
  • 物置など放置してるもの

アシナガバチってどんな場所にでも巣を作ってしまい、うっかり物をどかした隙に蜂が飛び出してきたという経験もあります。必ずしも高い位置に巣を作るとは限らないのが厄介なところ。

巣が大きく育ってしまうと業者に依頼して撤去してもらわないと危険です。お金もかかりますから、5月いっぱいは定期的に家の周りをチェックして、営巣していたらすぐに追い払って巣を潰しておきましょう。

コメント