副業の考え方~なぜアフィリで稼いだのにせどりまでやっているのか?

課長の頭の中

なぜアフィリエイトをやりつつ、せどりまでやっているのか??

ネットを使って稼ぐ方法としても人気が高い、アフィリエイトとせどり。

私はアフィリエイトで成功して独立を果たしましたが、
現在はせどりでも収益を膨らましどちらでも食っていけるだけの収入を得ることができるようにしています。

片方がこけてしまっても、もう片方で収入を維持しつつ形成を立て直すことができる状態です。

 

鋭い人はお気づきと思いますが、
現在は収入の柱が2本できた状態。リスク分散の考えですね。

 

 

少しでも安定的に生活基盤を固める為には、1つだけの収入では危険であるという考えに基づくものです。

 

 

私が現在実践しているアフィリエイト手法は昔から不変の王道の稼ぎ方をしています。

しかしネットの世界は情報の移り変わりがあまりにも速すぎていつ現在の手法が廃れるかは分かりません。

検索エンジンを主体としたアフィリエイトであれば
グーグルのご機嫌を常に伺わなければいけないですし、
ツイッターやフェイスブックも数年前まで無かったものです。

つまりこれらのサービスの終焉イコール稼ぎの柱が崩れ去るということになりかねないんですよね。

 

副業でやっている時は目先の収益に追いかけていれば十分でしたが、独立してやっていこうとなるとそうはいきません。

否が応でも常にリスクと隣り合わせであるということを意識していかなければいけなくなってしまったのです。

 

そこで目をつけたのがせどりという手法。 せどりは単純に言えば安く仕入れたものを別の場所で高く売るという商売の基本です。

アフィリエイトの場合は広告収入であるので仕入れはありません。

アフィリだけやっていると、商売人としての勘や世間の需要に疎くなってしまうというリスクもあるわけです。

 

中にはどっちつかずになって稼ぎを極めるという意味ではスピードを遅らせるという人もいますが、私は世間の相場観を失わない為にも2本柱でやっていくことは理にかなったことだと思うのです。

今後は私のやり方が間違っていないことを証明していく為にも、実践記を柱に色々と更新していきます。

コメント