サイトのテンプレートが崩れてる?落ち着いて原因を調べる

アフィリエイト

サイト作成初心者あるあるで、テンプレートが大きく崩れてしまって表示が変になっていること。

ちょっと知識が付いてきて、HTMLとか色々いじってみようと思うときってありますよね。自分なりにサイトを綺麗に見せようとしてカスタマイズして、試行錯誤してるときなどに起こりやすい鉄板のトラブル事例です。

意外とこれって自分で見ないと気づかないのですが、知らず知らずのうちにユーザビリティを損ねる変なサイトになっている可能性がありますから、定期的に自分のサイトをブラウザでチェックするのは必要なことです。

今回のトラブルはたまたま自分のサイトを開いてみたら、意味不明な真っ白な空白がトップページにあり、サイトの表示が明らかに崩れてしまっている!

文字も変なところで改行されたり、誰がどう見ても変なテンプレート表示になっていました。

なんじゃこりゃ?と色々調べてみるが原因が分からない

とりあえず家のパソコンに戻って調べようと、自宅のPCで確認してみると・・・・「何の異常もなくきれいに整って表示される!」

???これはいったいどうしたことか?

とりあえずこのままにしておくのも気持ち悪いので、まずは自宅のPCと問題が発覚したネットカフェのPCで何か違いがなかったかを確かめてみることにします。

意外な落とし穴!表示するブラウザの違いに注意

調べていくうちに、ネットカフェと自宅で違ったもの。

これが「サイトを表示するブラウザが違った」のです。

自宅で使っていたブラウザはグーグルクロームでした。一方ネットカフェではインターネットエクスプローラーIEでした。

試しに自宅でもIEでチェックしてみると、でてきました!変な画面を多い尽くす真っ白な謎の空白。

原因としては、ヘッダー画像をいじったときに変な文字列が残ってしまっていたこと。これが悪さをして、余計な空白を生み出していただけだったのです。

おそらくグーグルクロームではこのコードを余分なものとして、きれいにサイトを表示してくれるように自動修正したのではないかと。

内部のシステム的なことはさっぱりなのですが、インターネットエクスプローラーではこれが自動修正されなかった。

もちろんコードを消したらどちらも正常表示されましたが、これ見なかったら未だにへんな表示のまま放置していたかも。

定期的に複数ブラウザでチェックする必要性

今やネットを見るためのブラウザは非常にたくさんあります。

シェアが多いのはIEインターネットエクスプローラーですが、グーグルの作った便利ブラウザ、Google  chrome グーグルクローム他にはFirefox  や safari  など様々なブラウザで閲覧されていますね。

ネットビジネスやってる人はグーグルクローム使ってる人が多いでしょう。

これはクロームはプラグインも便利で表示も軽くて速いという使いやすさを知ってるからですね。

ところが世間一般の人にはグーグルクロームってメジャーではない。

PCの場合はインターネットエクスプローラーの割合が未だに多いのが現状であり、PCの操作に弱い人ほどこの傾向にある。

通常家電量販店などで国内メーカー製のパソコンを買うと、標準でインストールされているのはIEだけということがほとんどです。

うぶな初心者であるターゲットの多くを、みすみす逃していた可能性があるのはもったいないことです。

アクセス解析で、どのブラウザから見られたのかが分かります。

最近はグーグルクロームが多くなっていますが、それでも多くは様々なブラウザで閲覧されています。

そこで最低でも IE Googlechrome  Firefox  の3つをインストールし、それぞれでサイトを表示してずれなどがないかを確認するといいです。

さらに今ではスマホも広がり、媒体はかなり広がっています。

全ての媒体でチェックするのは時間もないし現実的ではないですが一通りサイトができたら確認する癖をつけておきましょう。

重要なコンテンツページやキラーページと呼ばれるアフィリリンク誘導ページは、できる限り複数ブラウザで確認するようにした方がいいかもしれません。

特に画像を多用したり、テーブルタグで作成したものなどは崩れやすく、ブラウザによっては見にくくなっているケースもあります。

改行のタイミングでへんな構成になることはよくあります。スマホからの閲覧者を意識する場合には、最低でも自身のスマホで確認しておくとよりユーザビリティの高いサイトになると思いますよ。

コメント