記事のタイトル付けで失敗しがちな、アクセスの集まらない悪い例

アフィリエイト

今回は記事のタイトル決定でやりがちなアクセスがなかなか集まらない失敗例というテーマでお話しします。

※初心者向けの内容です。

私は今まで300人以上の人にサイトアフィリエイトを指導してきました。

初心者さんが作っていくサイトの記事の書き方やキーワード選定などを、添削したりして指導をしてきたのですが、その中でものすごく目についたことがります。

それは「記事タイトルの付け方」についてです。

タイトルって記事の「顔」でもあり、どんな記事が書いてあるのか?何について詳しくまとめられた記事であるのか?、検索エンジンにも見る人にも分かりやすくなければいけません。

ただ何を考えてしまったのか、以下のようなタイトルを何気なくつけている人が意外とたくさんいることに気が付きました。

 

・その1○○

・【特集】第一回目○○

・おすすめ商品その1○○

・ダイエットで効果あることその1

・サプリの成分解説パート1

 

これ・・・そのまま付けられていた記事のタイトルです。

このあとそのまま、「その2、パート2」などと続きます。

書いてる人にとっては、連番で記事を書いたりしているので、管理もしやすくて分かりやすいのかもしれません。

ただしタイトルってそもそも自分ではなく人に見てもらうものです。初めて見る人にとってはこれでは何のことなのかさっぱり分かりません。

検索エンジンにとっても、何について書かれた記事なのか、測りようがなく上位表示の根拠が不明確

にもかかわらずこのように安易にタイトル付けをしてしまう人が大勢います。

他のサイトのやり方が自分のサイトで使えるとは限らない

なぜこのようなタイトルにしてしまうのか私も考えてみたのですが、恐らくはニュースサイトやブロガーさんの記事などを参考にしたのではないかと。

確かにこのような見せ方をしているサイトはあります。

ただし目的やアクセスの流れが違うので同じように通用するとは思わないこと。

既にアクセスがたくさんあり、ほとんどのアクセスがリピーターによるものである場合であれば、続けて読んでくれてる人には分かりやすい構成かも知れません。

ただこれから記事ごとにアクセスを集める場合は、検索エンジンからタイトルを見てアクセスしますから意味の分からないタイトルはクリックがされないです。

タイトルではきちんと検索者が意識するキーワードを盛り込み必要とされている情報が得られるのかどうか?が描かれなければいけません。

いきなり検索エンジン上にこのようなタイトルが表示されたときにあなたならばどう思うか?

タイトルを決めるときには、

 

・初めて見た人にとって理解できるか?

・その人にとって必要な情報だと伝わるか?

 

ここを考えて改めてみてください。

コメント