何か変だと思ったら、取得したドメインが オールド・中古ドメインであった

アフィリエイト

今日は失敗例から学ぶコーナー

サイトを作るためにドメインを取得して、ワードプレスなどを始めようと意気込んでいた矢先とんでもない事実に気がついたということがあります。

それは、取得したドメインがオールドメインであったというケース。

新規のまっさらなドメインをとったつもりが、実は過去に使われていたドメインだったということ。

これだけネットが普及している現在。既に閉鎖されたサイトや期限の切れたドメインは星の数ほどあふれています。

当然持ち主がいなくなれば、普通にドメインは誰でも取得できるようになりたまたま自分がとりたい文字列と重なることがあります。

  • 比較的連想されやすいローマ字の文字列
  • 英語の語呂であったり、数字の連番が入っている
  • 日本語ドメインで意外な文字列が空いていた場合

は取得前に注意する必要があるかもしれません。

これが優秀な被リンクを持つ健全なオールドドメインであれば全く問題ないのですが・・・・素人の私たちにはドメインの質まで分かりません

まかり間違ってペナルティを受けたりして捨てられたドメインであった場合は怖いです。

いつまで経ってもインデックスされないとか、どうもおかしいと感じる前に取得予定のドメインは調査したほうがいいです。

ドメインの健全性を調査できるサイトがありますので、そこでブラックリストに載ってしまっているドメインでないか調査できます。

まずはこちらのサイトを開きます。ドメインブラックリストチェック

http://www.rbl.jp/checkuri.php

まずはここで問題ないかを調べていきます。

ドメインを入れると、検索エンジンのブラックリストに入っている悪質ドメインでないかを調べてくれます。

もしここでひっかかってしまった場合は、取得するのは控え少し文字を変えるとか工夫してみます。1文字でも違えば完全別ドメインですから、違和感が無い文字列になるなら「

数字を入れる」とかしてみると希望の文字列に近いドメインを取ることができます。

次は被リンクのチェックです。

ハナサキガニというサイトを開いて、ドメインを入れて調査します。

http://hanasakigani.jp/

「登録されていません」と何も出てこなければ被リンクは無いか、全くの新しいドメインということです。

良くわからない海外のサイトのリンクアダルトサイトギャンブルサイトなど、変なリンクが貼られていないかチェックしましょう。

ちなみに私が偶然取得したドメインが中古ドメインであったケースをお話しすると、先ほどの花咲ガニのサイトで以下のように被リンクがでてきます。

olddomain1

さらにここで一番上に来ているサイトをクリックすると・・・

olddomain2

こりゃまたどえらい酷いスパムサイトからリンクを送られていたものだ・・・。

このようなサイトがずらりと200以上並び、おそらくはペナルティを受けて捨てられたドメインであったと判断できる。

今回はたまたま、○○口コミ なんて日本語ドメインが空いていたものだからつい手を出してみたらこの有様だったということ。

私が日本語ドメインを使わなくなったのも、このようなことがこれ以外にも何度もあったからである。素人が思いつきそうな稼げそうな語呂はすでにアフィリエイターに荒らしつくされている可能性が高いので注意する。

被リンクの力を使わずロングテールでサイトを作っていくときなどは、長年に渡ってこれから運営していくドメインを取得するわけですから、少しでも怪しい要素で不利益を被りたくは無いですよね。

実は私も知らず知らずのうちにとったドメインが、オールドドメインで変なリンクがついていたことがあります。

どれだけ記事を書いても一向にアクセスがこない・・・調べたらインデックスすらされていない、気づくのが遅いとショックもでかいです。

結局アクセスがくるようになるまで、1年半もかかってようやく健全なサイトであると認識してもらえたというサイトがありました。

知り合いの中にもこのドメインで相当悩んだ人がいたのでこれからドメインを取得する場合には注意しましょう。

コメント