アフィリは「人に教えるつもり」でやると稼げるようになる

課長の頭の中

今回は講師をやらせてもらっているスクールの面談と懇親会に行ったときの話。

すでに稼いでいる方からこれから頑張ろうという方まで意気込みと強い決意を目の当たりにしてつい昔の自分を思い出していました。

私も以前は同じように塾生として参加する立場だったなと。わずか2年足らずで真逆の立場になり、改めてアフィリエイトというビジネスのすごさを感じます。

嬉しかったのは、既にアフィリエイトで稼ぎ出している方が自発的に自分の成功体験や、うまくいったノウハウなどを語ってくれていたこと。

さらにそれに真剣に耳を傾ける人が集まる構図。

ゼロからコツコツと仕組みを作り、リアルタイムで結果を伸ばし続けている人の話は「講師の話よりリアリティがあります

ちょっと遠い存在に感じてしまう講師よりも身近な立ち位置にあって、さらに今より上を目指して発展途中ですから生き生きとしていて説得力があります。

こういった関係ができてくるのも、リアルで交流できるスクールならではですね。

ネットビジネスは基本的にネットで完結してしまうスクールも多いですが、リアルに人と会うことは得られる情報量も質も確実に濃いものになりますよ。

セミナーなどに参加したときには、近くにいる稼いでいそうな人を見つけて話を聞いてみるほうが実は参考になったりするものです。

この光景を見ていて感じたのは、何か一つでも人に教えられるようなものを持っている人は確実に大きく成長できるということ。

「人に教える」という行動は聞いている側の人間はもちろんですが、教えている側のレベルアップを加速させるからです。

※今回は少し難しい、すでに稼いでいる人向けの内容。分からない方もいること承知で書いていますのでその点だけご了承ください。

ビジネスの成長過程は、下記の3つのステップがあります。

  1. 知っている・知識がある
  2. 知識をもとに行動し結果を出せる
  3. 結果を出した過程を人に教えられる

多くの人は結果が出たからと言って、2.の段階で満足してしまっている人がほとんど。確かに結果を出すことは素晴らしいですし、それで十分という考え方もあります。

ただしすべて自分の中だけで完結するだけで、その次のステップへ行くには3.の教える段階にいかなければ大きく成長はできないと考えています。

人に教えるためには、知識があって自分で行動した経験があり、それを分かりやすく伝えられなければいけません

そのため自分で理解できるプラスアルファの知識を持っていなければなかなか教えるというのは難しいですよね。

タイトルでもあるように教えるつもりでやることで、自分がやっていることや自分が検証してきたことを客観的に見る機会にもなります。

感覚的に理解していたことを「体系化」できるので、何か新しいことを取り入れるときや肉付けするときにどこに何を当てはめれば改善できるのかが明確になるのです。

塾などの講師になるためにやるのではなく、教えるという行為が自分自身のレベルアップにつながり、報酬を加速させるものであるということ。

何か一つでも自分でやってみてうまくいったことや発見した気づきなどメモしてまとめておくといいです。

些細なことでもいいです。知識ゼロの人にとっては取り留めもないことが大きな価値となるものだから。

  • 知人で教えてほしい人がいれば、まずは自分なりに自信もって話してみる。
  • コミュニティなどに参加しているのであれば、何か困った人がいたら率先して答えてあげる。
  • 人に聞かれたら出し惜しみせずに自分の経験やノウハウを語ってあげる。

以前お話したことで、【自分の教材を作るつもりでやる】ということにもつながることですね。

すでに稼いでいる方でステップアップしたいなら、教えられる人間になることを目指しましょう。

それを使う使わないは別として、必ず自分の糧になってきます。

コメント