季節物アフィリエイトジャンルを効率よく組み込んで失敗を防ぐ!

日本列島四季 アフィリエイト

初めに、まずはキャッシュポイントは何を扱うべきか?を最初に決めてしまいます。何を扱うか決めてから、その商品やサービスを必要としてる人の需要をリサーチしていきます。こうすることでテーマがぶれず、ターゲットを絞ったサイト作成ができます。

今何が良く売れているか?季節ごとによって変わる世間の需要を考えてみたことってありますか?

アフィリエイトに限った話ではないですが、一定の季節に需要が集中する《季節物ジャンル》と言うものがあります。この季節物ジャンルは年間安定して売り上げを伸ばすことは難しいものの、特定の時期に爆発的な需要を生み出すことがあるのです。

ちょうど記事を書いている時期が7月ごろで夏真っ盛りなのですが、今まさに需要があるものと言えば、

  • ダイエット関係の商品
  • 脱毛関連
  • 痩身美容などのエステ
  • お中元関係の商品など

意外なものでは、ランドセルとかも夏ごろから売れる商品です。理由は考えてみてください。これらはいわゆる《季節もの》と呼ばれるある一定の季節に需要が爆発するジャンルです。

夏に売れているということは、冬は需要が多少落ち込んできます。ここを見誤ると、意外と苦労してしまう人がでてきてしまいますね。

季節物ジャンルを理解しバランスよくサイトを作る

今このジャンルで何かビジネスしているなら、冬にも盛り上がるジャンルで何かサイトを作っておくと売り上げを安定させることができるということ。

逆に言えば今扱ってるものが限定的な季節物だった場合は、反対の季節に対応するジャンルも作っていかないと報酬が安定しないということもいえると思います。

ちなみに私はこれから、今更ながら「蟹」のサイトを作ります。蟹ですよ蟹、これから毎日蟹を取り寄せます^^

ただ食べたいだけやないか?とつっこみが飛んできそうなテーマですが、蟹と言えば売れるのは冬。12月、1月、2月に爆発的に売れ、はっきり言って夏は全然売れません。

こんな時期から作り始めて早いんじゃないの?と思われる方も多いと思いますが、アフィリエイトの世界ではギリギリ、もしくは今から作って売りを立てようと思ったら、冬の需要のジャンルはやや遅いくらいのイメージです。

冬に向けてのサイトを作っているという方は、夏ごろからピッチを上げて気合い入れて作るようにしましょう。

話それましたが、商品ごとの需要を知り、計画的にサイトを作っていくことはとても重要です。

ビジネスとして通年安定した報酬を得るなら、季節的な需要はしっかりとリサーチして偏ったサイト運営にならないようにしていきましょう。

ちなみによくアフィリエイトされるジャンルで、一定の時期に大きく盛り上がるジャンルを上げてみると・・・

春に盛り上がるジャンル

  • 花粉症関連(乳酸菌やサプリ)
  • 引っ越し(単身の引っ越しが多い)
  • 転職(最近は新卒と合わせて募集)
  • 車査定(自動車業界の決算期)
  • 保険関連(新生活で見直し)
  • プロバイダ・レンタルサーバー(引っ越しや新規事業)

夏に盛り上がるジャンル

  • 脱毛(肌を見せる・もてたい)
  • エステ(同上)
  • 酵素ドリンク(ダイエット・薄着による露出)
  • ダイエット器具やジム(ライザップなど)
  • ダイエットサプリ・食品
  • 引っ越し(家族世帯の引っ越しが多い)
  • 恋愛関係情報商材(もてたい時期)

秋に盛り上がるジャンル

  • 車査定(自動車業界中期決算)
  • 育毛関連(夏のダメージによる抜け毛が増える)
  • キャッシング・ローン(年末にかけての入用)
  • 転職(新入社員が辞めだす)
  • 健康食品・サプリ(冷えて体調崩しだす)

冬に盛り上がるジャンル

  • 蟹・高級牛肉など(正月のぜいたく)
  • おせち(定番)
  • サプリメント全般(飲み会が多い)
  • アパレル関連(福袋やバーゲン)
  • アルバイト(学生の冬休み・年末年始のイベント)

さてこんなところでしょうか。

まだまだ細かく見ればあると思いますが、同じように《人の行動心理》を考えればどんな需要があるのか見えてきます。

結局人間の思考回路は単純ですので測らずとも皆同じような動きをしますね。世間の需要や動きを敏感に取り入れ、求められている情報を常に発信していく。

これがアフィリエイトメディア運営者の使命です。

改めてだけど季節物ジャンルの注意点

季節物ジャンルは、年間通して安定した需要が得にくく、ある季節に爆発するというからこそ季節物と呼んでいます。

引越しや転職とか車関係は特定の時期に需要が爆発する素質を備えていますが、その他の時期も需要は途切れないので力を入れて集中してみても良いでしょう。

ここでやってはいけないのが、いきなり初めから「蟹」「おせち」「花粉症」とか特定の時期にしか売れないジャンルで始めてしまうこと。蟹が好物といっても、これから稼ごうと頑張っているアフィリエイターは手を出してはいけません。

理由は、マジで数ヶ月勝負の案件だから。おせちなんて本当に正月意外に需要ありませんから。安定性と言う点で好ましいとは言えず、そのくせやたらとライバルが強かったりするので「成長段階の人」にはおすすめできないのです。

様々なキーワードでアクセスの流れを見たり、季節によって移り変わる需要を検証しながらサイトを育てていくと言うことができないです。アフィリエイターとしてのレベルアップするための経験値を得るのが難しいジャンルではないかとも思います。

ではなぜ私が蟹のサイトを作ろうとしてるのか?

これは専業アフィリエイターとしての「意地」+「道楽」だからです。ライバルも強いけど年末に【カニの1サイトで300万超え】のように爆発的に稼げる!と聞けば、今まで稼いできた経験とノウハウを武器に一丁やったろうか!という気持ちで始めたのが一つ。

もう一つは私自身も蟹が好きで、毎年大量に蟹を取り寄せているので、これをコンテンツにしないのはもったいないだろうと。さらに蟹を食べつつサイトを作りますから、サイト作成のためのサンプルとして「経費」として計上することもできます。

美味いもの食べて経費になるなんて素晴らしいことはないし、さらに頑張れば売り上げも上がってくるという「私にとって」は最高のジャンルだったからです。

限定的な季節物は、既に稼いでいるアフィリエイターに任せておくか、稼ぐという目的外の「何か」を持っている人限定で取り組むべき案件だと思っています。

アフィリエイトの基本中の基本である、「売れている・需要のある案件」に絞って進めていくことに加え、年間通してどれくらいの需要が見込めるのか?ASPに確認したり広告主に直接聞いてみたりしても良いので、事前に把握してから進めるようにしたいですね。

まとめ:季節物を活かしていくためには

このように季節物を取り組み、効率よく稼いでいくためには取り扱う案件の「年間の需要」をしっかりと把握すること。

サイトが増えてきたらピンポイントで季節物を取り入れることで年間の売り上げを安定させていくこともできますし、ボーナス的にまとまった報酬を得ることもできます。この辺はそれぞれのアフィリエイトの戦略次第ということです。

あまりにも限定的でしかない需要に関しては、稼げていないうちは参入すべきではないと言うことがいえます。ある種の「腕試し」としてアフィリエイターの力を注ぎ込むのが理想であり、それでもメインではなくてサブ的に取り扱っていくのがよいと私は判断をしています。

ここまで季節物の取り扱い方について私の考えをまとめてきました。

思うように売り上げが伸びなかったり、季節に特化したジャンルで攻めているなら、戦略を見直して案手的な収益化に繋げられるヒントにしていただければ幸いです。

コメント

  1. […] 【前回の記事】季節物ジャンルを扱うときの注意と活かし方はこちらで解説しています。 […]