「初心者の頃の経験」はぜひ記事にしたいキーワードの宝庫

成長 アフィリエイト

【初心者のころの経験は凄く大事】

というテーマを取り上げてみようと思います。

初心者というと、アフィリエイト初心者とか投資の初心者とかビジネス視点での考えに偏りがちなのですが、これは《どんなテーマ》でも言えること。

趣味のテーマにしても、ゴルフやテニス初心者、釣りの初心者とか、例えばダイエットや育毛とか恋愛とかでもそうですよね。

初心者とは、知識・経験がない・浅い状態の人たちのこと。

  • 初心者・・・知識経験がなく、満足いく結果を出せない
  • 中級者・・・得た知識を元に行動し、ある程度の結果を自分で出せる
  • 上級者・・・自分独自の理論を持ち、人に教えられるレベル

こんな感じでしょうか。

この3者の分類の中では、全体の中でダントツで初心者の占める割合が多いです。

つまり情報発信をするときにはまずは初心者に分類される人をターゲットにすることが、最も需要が高く反応を得られやすいということになります。

アフィリエイトで言えば記事を書くキーワードを考えるときには、そのキーワードで調べる人は「どこまでの知識を持っていてどの分類に属するターゲットなのか」考えることで、反応が得られやすいキーワードになるともいえますね。

初心者からだんだん知識をつけるにつけ、求める情報の質も変わってきてしまいます。ここがずれていると、中途半端な情報発信になりかねないので注意が必要と言うこと。

あなたは驚くスピードで成長している

さらに大事なのは、あなたが《初心者である期間はものすごく短い》ということ。

知識がついて行動していればあっというまにどんどんレベルは上がり、中級・上級者になってしまいます。

レベルが上がり立ち居地が変わってしまうと、初心者のころの気持ちや考えが分からなくなってしまうんですね。

たまにちょっとひねくれた考えになる人もいたり^^

そのため伝えたいことが伝わらない、初心者では分からないような言葉やニュアンスを使ってしまい、見ている側がよく分からない情報発信になってしまいます。

記事を書いたり情報発信をするときには、《ターゲットと同じ立ち居地まで目線を落とす》ということを意識してみるといいと思います。

自分自身がぶち当たった壁や悩みを思い出す

あなた自信の悩みや、今やっているビジネス・趣味などを情報発信のテーマとしているのであれば、あなた自身が初心者だったころを思い出してください。

あなたが悩んでいて調べたこと、聞いたこと、つまずいて苦労したこと、ぶち当たった壁・・・

今は当たり前になってしまっていることも、はじめは当たり前には出来なかったと思うんです。

であればそうした自分自身の苦労したことを発信していくだけでも価値があるコンテンツになります。

初心者のころって、人に聞くのも恥ずかしいようなしょうもないことで悩んだりしたことないですか?

意外とこんなことでわざわざ記事にするまでもないな・・・というものにこそ、皆が取り上げないけど知りたい人が多いという、本当のお宝需要というものが隠れているかもしれません。

コメント