モチベーションアップのための「真逆」の思考法

仕事が一杯 課長の頭の中

《やりたくないことを明確にしてみよう》

ネットビジネスでは、しばしば作業を続けていくためのモチベーションをどのように維持していくか?という質問を良く受けます。

アフィリエイトを初め、やり始めてすぐにまとまった報酬を得られるわけではありませんから、ある程度の期間継続して続けていくことが求められる。

ただ初めはやる気があっても、徐々にモチベーションが下がり、やる気もなくなって心折れて挫折していく・・・こんな悪循環に陥っている人を今まで何人も見てきました。これは永遠のテーマでもあると思います。

普段モチベーションを上げるときって、「楽しいこと」とか「稼いだらやりたい未来」をイメージすることって多いですよね。

  • 稼いだらこんなことやりたい!
  • 海外へ旅行に行きたい!
  • 憧れの高級車に乗ってみたい!
  • 値段を気にせずに買い物がしたい!

ネットでビジネスをやろうとするならやはり一つ先のステージ、ビジョンを思い浮かべ成功したときの夢を思い浮かべると思います。

楽しいこと・稼いだらやりたいこと実現したい夢のために必死に頑張るというのは何をするにも必要ですし、モチベーションの維持にとって大切なことですよね。

何事も目標があってこそつらい作業・仕組みつくり続けられるんです。

ここで少し視点を変えて、私は良く【今絶対にやりたくないこと】も考えるんです。

  • 満員電車に詰められて出勤したくない
  • 上司に縛られ続ける仕事は嫌だ
  • 休みが無いのは耐えられない
  • 非効率なサービス残業にはもううんざり

私は仕事から帰ってきてから黙々と作業をしているときに、このような辛い環境からなんとか抜け出すぞ!こんな思いをモチベーションに転嫁して奮い立たせてきました。

未来の理想像のために突き進むのも必要ですが、やっぱり「現実感」というものに欠けますよね。

であればより目の前の現実に直面し、そこを打破するためにするにはどうすればいいか?今日も、また明日も自分に降りかかってくる逃れられない現実を衝動に変えていく。

なかなかモチベーションが湧かないというのならこんな風にマイナスの感情を湧きあがらせてみてはいかがでしょう

私は先日セミナーなどで遠方に行くときに飛行機に乗り、ANAのプレミアムクラスを初めてチョイスしてみましたが、こうした移動手段にも思い出せばつらい過去がありました。

ネットビジネス始めたときから、セミナーや勉強会に参加するためにいろいろな移動手段を使ってきましたが、初めは名古屋東京間 ¥2000円 の激安深夜バスでした。

隣のオッサンの体臭に耐え、バスなのに響くいびきに耐え「絶対にこのバスに乗らないで行けるようになる!」と固く誓ってつらい状況を思い出して作業をしてきたんです。

アフィリエイト課長の地味なまとめ

モチベーションの高め方はいろいろあると思いますが、何が自分にとって行動動機になるかは人それぞれです。

この考え方がすべてではないと思いますが、私にとっては苦境からの脱却が原動力となり背中を押してくれたんです。

人は行動するのに、「理由」が必要です。なかなか行動できず、手が動かないのであれば自分は何を《やりたくなくて》稼ごうと思っているのか?

ちょっと真剣に考えてみるのもモチベーションアップにはいいと思いますよ。

コメント