アフィリエイト初心者が陥る6つの罠

失敗 ビジネス雑記

アフィリエイト初心者を惑わす甘い誘惑・・・

もれなく私も通ってきた道ですが、この迷走期間に費やしたお金と時間は改めて計算すればビックリするくらい・・・

決して同じ道を通ってきて欲しくないと思い、初心者がよく陥りがちな負のスパイラルをまとめてみることにしました。

 

1日数分のコピペで稼げる・・・片手間系のノウハウを買ってしまう

アフィリエイトなどネット系のビジネス情報を収集していると、嫌でも目に入ってくるのが「簡単に稼げる系のノウハウ」

  • 1日1時間だけの作業で月に何百万・・・
  • コピペを繰り返すだけで稼げる
  • ほったらかしで稼げるノウハウ

もう見たら気になって気になってしょうがないのではないでしょうか?

私はこれでもかというくらいに飛びついていました^^人というのはなるべく楽なほうに行動したがるもの。世の中の全てのサービスは他人やモノの力で楽するために存在するといって過言ではないですから。

私はあるノウハウを買って少しやって稼げないと、すぐ次のノウハウを手にしていました。とにかく早く1万円でも稼げるようになりたい!そのために何とか方法は無いものか?そのように考えているところへ、まるでこちらの思考を呼んでいるかのように魅惑のオファーが流れてくるわけです。

今だからこそ言いますが、これらの小手先系ノウハウは稼げないわけでもないですし、嘘を言っているわけでもありません。しかしこの先ずっと稼ぎ続けられるかというと疑問ですし、1日1時間の作業で暮らしていけるようになるのは何ヶ月先なのかは書いてありません。

ここに落とし穴があります。ずぶの素人が始めて片手間で稼ぐレベルにいくまでどれほどの苦労が必要か述べられていないのは甚だ疑問です。アフィリエイトは簡単な作業ですが、初めから楽に稼ぐことはできません

 

効率のよさそうな自動化系ツールに手を出す

なかなか作業がはかどらない・・・文字を打つのも遅いしサイト作成の知識も難しい。

??なになに、自動でサイトを作成してくるツール・自動でブログを作成してくれるツールがある?これは買わねば!

こんな考えでツールを手にしたところで稼ぐことはできません。

ツールとは作業を効率化してくれる便利なものですが、その効率化された作業が正確にキャッシュを生み出さなければ「無」の製造に他なりません。

効率化ツールとは、稼ぐまでの道筋が理解できた人が有効に時間を使うために導入するもの。そのツールに自分の作業のどこを任せるのか?これが明確に説明できないうちは使ってはいけません。

 

きれいなデザインや体裁にやたらこだわる

初心者はどうしても形からはいりたがります。

きれいなサイトで無ければ稼げないのではないか?きれいなデザインの画像がないとサイトを読まれないのではないだろうか?

不安に思う気持ちもありますが、デザインはほとんど関係ないです。きれいなサイトは確かに見やすくてすごいと思いますが、デザインに売り上げがついてくるものではありません

多少見栄えが悪くても、まずは中身である記事のコンテンツ重要!

コンテンツがしっかりしていれば記事が読まれ、売り上げが発生します。発生したお金でデザインを外注したり、整えていくのが本来の道筋です。

 

とりあえず広告貼れば稼げるという間違い

ブログを開設してとにかく広告を貼れば何か売れるんじゃあないか??

残念ながら広告はただ貼っていれば稼げるものではありません。私たちが魅力的に感じて貼った広告は、一般の人から見れば宣伝丸出しでスルーされます。

訪問者が広告をクリックするには、まずは広告に興味を持ってもらう導線がしっかりしていなければいけません。

根拠の無い広告をべたべた貼るのはやめにしましょう。

 

2,3ヶ月やって稼げずあきらめてしまう

アフィリエイトで成果を出す為にどれくらいの期間が必要か?

これはリンク先の別記事でも触れているのですが、最低でも3ヶ月くらい。ましてや副業などでちょっとやそっとかじった程度で短期で稼げるものではないです。

アフィリエイトを始めるのであれば、半年単位で実践するかどうか決めてください。

もしもあなたが3ヶ月で辞めるというのであれば、作りかけのサイトを私がお金払って買いましょう。

こう言われたらどう感じますか?

3ヶ月という期間をかけたサイトはそれだけの価値があるのです。

3ヶ月はがむしゃらにサイトを作る。次の3ヶ月はサイトを検証し売れるサイトに仕上げていく。楽しくなるのはその先です。

 

書きたいことしか書いていない・・・

ブログやサイトというものは、本来は人に見てもらうために書いているものです。

見てもらってこそなんぼ、自分が読み返すために日記を書いているのとでは訳が違います。そこを履き違えて自分がとにかく書きたいことを書いているだけの人は気をつけましょう。

自分が知っていること・興味があること・新しく覚えた知識などは書きやすくてて作業もはかどるもの。しかしアクセスは集まらず反応も悪いというときには、誰に対して記事を書いてるのかを思い起こしてみましょう。

自分を満足させるためではなく、読んだ人が満足する記事を・・・もしくは身近な誰かに向けて書く・過去の自分に向けて書く。

私が今書いているのはまさに失敗を繰り返していた、過去の自分に対して書いています。過去の自分を正しい方向へ導く為に・・・

 

ここではアフィリエイト初心者が陥りやすい、失敗に直結する6つの罠としてまとめてみました。

ここに上げたのは実際に私が経験してきたこと、200人以上の同胞を見てきた中で多くの人が消えていった原因を検証してきたものです。

アフィリエイトは作業そのものは簡単なものが多いですが、それだけに失敗も多いビジネスと言えます。

さらに投資と同じで「もうかる話」、魅力的な話が溢れかえっている世界です。

その理想的な幻想と現実の泥臭さを目の当たりにしたときに、人は違和感を感じるのですが感じすらしない人も大勢います。

誰しもが陥りやすい部分ですので、何か迷ったことがあればメッセージを下さい。より具体的なアドバイスができると思います。

コメント