隣の池には隣の池なりの釣り方がある

課長の頭の中
  • 自分自身が積み上げた実績
  • 汗水たらして費やしてきた時間
  • 目と耳と脳を酷使して蓄えた知識

これらは頭を固くして柔軟な思考を阻害し、しばしば新しいビジネスの現場において自分にとって不利益をもたらしてしまうのではないか?

今回は「釣り」という個人的な趣味において、似たような経験をして苦汁を舐めたため記録として残しておこうと思った。

久しぶりに「釣り堀」に行ってきた。

養殖された魚が生け簀に放流され、その中で好きなように釣る。手軽に大物が釣れて大漁も期待できることから、久しぶりに気合をいれて準備をした。

釣ろうとしていたのは「鯛」である。何度も釣ったことがあり、釣り方に関しては1日中語れるほど知識も経験も蓄えている自負もある。人に見せられる実績も経験値も持っている状態だ。

釣り場は普段の堤防や磯場と違い、人工的に作られた生け簀の中。まあ環境は違えど同じ鯛を釣るわけだし、腹をすかせた逃げない魚を釣ることなどたやすいと吹かしつつ余裕で釣りを始める。

しかし、意気込みに反して全く釣れないのだ…。

周りの常連っぽいオッチャンたちは、竿一投ごとに鯛を釣り上げて盛り上がっている。私だけ釣れていないのが不安を通り越して不思議に映るほどの落差。

使っているエサも同じだし、道具はそれなりに良いものを揃えている。自身の引き出しを出し尽くすまで試行錯誤を続けたが、結果は全然ついてこない。

もう半泣きになりながら、手の落ち着いた常連さんに頭を下げてレクチャーをお願いした。

そこで語られたのは、今まで鯛釣りでは良くないこととされ、自分の中では絶対にやらないという仕掛けの作り方・釣り方だったのである。

自分の中の常識が良い意味で崩れ去った瞬間だった。

それでもまだ疑念が残ってしまう。

  • 本当にこれだけなのか?
  • 自分が否定したものがなぜここで通用する??
  • 場所が悪いだけじゃあないのか?と

・・・まがいなりにも積み上げた実績と費やした時間が邪魔をし、なかなか頭を納得させてくれないのだ。人間をつくづく素直になれない生き物である。

そんな感情を押し殺し、教えられたとおりに実践した瞬間に、鯛が釣れてしまったのである。

常識を疑えとはよく言ったものである。

釣りでいうならば、隣の池には隣の池なりの釣り方があるということ。自分が勝手に作り出した常識は端から捨て去るべきだった。

誰でもできること。下手な経験や、匠の技を競う荒磯でのノウハウもいらないこと。それなのに、自分の中で発想ができず、自分のやり方に頑なになる。

いっそ釣れぬままプライドを押し通す選択すらあった。思えばビジネスにおいて伸び悩むというときも、同じような状態にはまっていることが多い。

幸いに最後の最後でようやく恥を捨てたことで、今回は突破口を見出すことができた。

だがもう時すでに遅く終了の時間。多くの人が20匹近い鯛を手にする中で、わずか3匹という貧果を手に肩を落とし小さくなって歩くしかなかった。

釣りならばいい。釣りならば。失うものはたいしたものではない。

でも一刻が勝負であるビジネスの現場であったら…と思うと心穏やかではいられない。都合よく親切な人に出会えるとも限らない。

釣りの引き出しを増やすことができたという成果以上に、改めて自分の積み上げた狭い常識とどう向き合うかを考えさせられた。

アフィリエイトでも同じかな。根幹の部分は共通項もあるが、ジャンルが違えば、キーワードが違えば、案件が違えばそれぞれやるべきことは異なってしかるべきなのではないだろうか。

下手に「再現性」にこだわるよりも、その都度勝つためのベストを一から考えていく。そうありたいと思った。

コメント