グーグルが好むアフィリエイトサイトとは?どんなサイト構成が良いのか?

google アフィリエイト

アフィリエイトというビジネスが成り立つ根底にあるもの・・・その多くを占めるのが、グーグルなどの検索エンジンの存在です。

人は自分が必要とする情報を知りたいときに、検索エンジンで情報が載っているサイトを検索します。その検索エンジンのページ上に自分のサイトが上位に表示されてこそ、商品やサービスの購入につながりアフィリエイトというビジネスが成り立っていくのです。

近年この検索エンジンの技術はものすごく進化しており、小手先の上位表示の為の技術はことごとく排除されています。昔上位にいたサイトもいつの間にか消えてなくなっているということもしばしば目にしますね。

いかに長期間グーグルに嫌われずに、かつ上位に表示させてもらえるか?これはアフィリエイトをする上での永遠のテーマとなります。

商品などを直接紹介するサイトアフィリエイトはもちろん、メルマガアフィリエイトでもリスト収集のためには検索エンジンからのアクセスは決して馬鹿にできないからです。

では検索エンジンに好かれるサイトとはどういったものなのかを詳しく見ていきましょう。

パワーサイトとして様々な情報を網羅する

まずはパワーサイトというものをご存知ですか?

1つのテーマのことをどんなサイトよりも詳しく、深く掘り下げてコンテンツを充実させていき数百ページに及ぶまとまったサイトのことを言います。

対義語としてペラサイトがあり、こちらは1ページから数ページのぺらぺらサイトを指します。ペらについては後ほど解説。

グーグルは少しでも多くの充実した情報が詰まっているサイトを好む傾向にあり、ペラサイトよりもはるかに評価が高いのがパワーサイトの特徴。時間をかけて育てていくことで徐々にパワーを持ってくるのです。

このパワーサイトは大掛かりな検索エンジン対策をしなくても、1記事1記事の小さなキーワードがアクセスを呼び込んでくれるので安定した集客が望めるようになります。もちろんただ記事を入れるだけではダメですが・・・

そこで最終的に作成しなければいけないものを、このパワーサイトに照準を当てて自身のアフィリエイトサイトの展望を決めていくといいでしょう。

ペラサイトでも価値がないわけではない!

一方で1ページから数ページしかない「ペラサイト」と呼ばれるものであっても、実際には多数のサイトが上位表示されています。

もちろんSEOというようなテクニックを駆使して上位表示してるサイトもあるのですが、そればかりではないのですね。

なぜペラサイトが価値を見出せるか?それは必要とされる情報をピンポイントで解決できる要素を備えているからと考えています。

特定の検索キーワードに対して、そのサイトもしくは1ページだけで問題が解決できてしまうような濃い情報。それが検索者にとって必要であると判断されれば長く生き残るサイトになるということ。

ペらであってもパワーサイトであっても、検索エンジンの評価の元となっているのは「検索者がどう評価するか」を先読みしているだけな分けですから、必要以上にグーグルに好かれるということを意識しないのがポイントになりますね。

人に好かれるもの=グーグルにも好かれるサイトになるという傾向は今後ますます強くなってきます。極端な情報に惑わされないように、訪問者をどれだけ意識できるかを最重点にサイトを作っていきましょう。

コメント