本能型アフィリエイターの「無料ブログ」の使い道

課長の頭の中

無料ブログって最近はめっきり聞かなくなったし、アフィリエイトやる人であえて使おうという人は減ってるのではないだろうか。

アフィリエイトできないブログも増えたし、広告貼れば消されたりもするし、なにより自分でサーバー借りてサイト運営するのが一番リスク低いしね。

でも個人的には無料ブログってそれなりに使い道はあるし、私なりの使い方もある。

無料ブログの一番のメリットは、とにかく手軽にできることに尽きる。ドメイン借りなくてもサーバー借りなくても、色々細々した設定とかしなくても、メールアドレスがあって登録さえできればすぐにコンテンツを投入できる。

使う目的としては、新規に参入するジャンルの下書きとして試しに作ってみたりする。

書籍や専門的なサイト、知恵袋などでリサーチしたことを、とりあえず吐き出してみる。カテゴリーを出して、思うがままに記事を書いてみてイメージを具現化していく感じ。

私はどっちかというと感性が先行し、「本能」でアフィリしてる人間だと思っている。今まで詳細なマインドマップとか作ったことないし、データ分析とかすこぶる苦手。脳内に描かれた絵次第。

本当はしっかりベースを作って構成を決めてサイト作っていくのが理想なんだろうけど、どうもそういうの苦手なんだよね。とにかく先に手を動かして作れるものを作ってしまいたい

だいたい30記事も書いていくと、高い確率で失敗してることに気づく。カテゴリ構成とか、記事の訴求とか、構成とか見せ方とかイメージとずれてくる。

でも無料ブログだから別にいい。検索で仮にヒットして見られても、個人が書いてる候にしか見えない。

あえて失敗してみることで、何というか自分の中でそれを改善するためのイメージがまた膨らんでいく。ダメなものをあえて作ることで、本サイト作成のためのたたき台として生かす。

ちょっとまどろっこしいことやってるように見えるが、最初に時間をかけて失敗しないように構成を決めるか、先にすっ飛ばして失敗をしながら良いものを新たに作るかという違いになるのかなと。

だんだん自分でも言ってること分からなくなってきたが、本能的にアフィリエイトして上手くいってる人って多分こんな感じなのではないかなぁ。

失敗を重ねて、次に、次に、作るサイトは確実に前のサイトより良くなっていくしね。その中でアタリが付いたものがメインとして注力していく。これを一つのジャンル単位でやっているという話。

ひどいと、無料ブログでまず作る(これじゃだめだ)→ドメイン取って1サイト作る(なんか違う・・・もう一歩)→別ドメイン(ようやくビジョン通り)ってステップを踏むときもある。メインができるまでに、叩き台となるサイトが2つ3つはある感じかな。

上手くいけば無料ブログで作ったサイトでもアクセスが集まりマネタイズできるようになることもある。

しかし、基本はメインを作るための準備サイトでしかない。手軽に構想を形にするという目的で、未だに無料ブログは活用させてもらってるな。

よく使うのは、ライブドアブログseesaaブログの2つくらいかな。ライブドアは完全に無料になって使いやすくなった。

はてなブログとかはガチすぎて躊躇してしまっている。気楽にいきたい性分。

コメント