アフィリリンク貼りすぎは低品質ペナルティを受ける?ペナ事例の考察

アフィリエイト
Showing the red card concept for bad business practice, exclusion or criminal activity

※この情報は私が過去2013年から2016年の間に受けた低品質ペナから1例を抜粋して紹介しています。SEOの評価は都度変わるので今どうかは分かりませんし、私の考えがあってるとは限りませんが、こういうこともあるのだという温かい目で見ていただければ幸いに思います。

ということで、私はSEOやグーグルの研究家ではないので予防線を張りつつ自身の低品質ペナルティの体験をまとめます。

同一ページに大量のアフィリリンクの羅列はヤバイ

私が2年前に一番初めに受けた低品質ペナルティの中であり、1ページに大量のアフィリリンクを貼ったのがペナの要因ではないか?とする事例です。

アニメDVD-ブルーレイの激安通販・予約情報!!早期予約でもお得に通販
損をしないために、いろいろお得なDVD・Blu-ray BDの格安予約情報です。

もう閉鎖されてるのでアーカイブで一部残ってるのしか見れませんが、見せるのも恥ずかしいサイトの一端が垣間見られます。この頃はドメインもロリポップのサブドメインを意味も分からず使っていました。

このサイトはワードプレスで作成し、アマゾンで販売されるアニメのDVDをひたすら紹介していくもの。簡単にレビューする・・・というか説明をリライトするだけで1記事400文字も書いてないでしょう。初めはこれが精いっぱいでしたからね。

しかーし!そこそこ狙った商品名+「予約、在庫、品薄、特典」などの成約ワードでアクセスが集まり、アマゾンだけで1日1万円のアフィリ報酬を得ることもあったのですよ。

ちょうどアフィリ始めてから報酬が伸びだし、勢いづいていたころの話です。

そこでその時、私はあることを考えた。需要ある商品を1ページにまとめ、誰もが目につくところに露出させておけばもっと報酬が伸びるのではないかと。金に目のくらんだ奴のしそうな姑息な手段である。

夜なべして売れてる商品を洗いだし、全部で80商品をテーブルタグできっちり整えて、一言煽りのコメントを入れて公開してやったのです。1ページに80本のアフィリリンクが設置されていることになります。

当時の考えとしては、楽天やアマゾンだって商品をたくさん並べてるわけだから、これくらい別に問題なかろうくらいにしか思っていなかったのです。

その約1か月後、

「価値のない低品質なコンテンツを含んだページが存在します。グーグルの定めるウェブマスターポリシー違反云々・・・」

お叱りのメールとともに1日2000以上あったアクセスは1ケタに下がってしまった。既に別のサイトも作り出していたこともあり、すぐ見切りをつけて他に注力した当時の私を褒めたい。

しかし、その時はなぜ低品質ペナを受けたのか全く分からなかった。なぜペナを受けたか?やっぱ文字数か?それともリライトだけのコンテンツだからか?という疑問は残り続けました。

よく似たケースでペナっていた友人がいた!

悶々とした日々をおくっているさなか、同じく同期でアフィリ始めた東京の友人から似たような低品質ペナルティの事例を見せてもらいました。

友人は私のような下心があったわけではなく、「色々なページにアフィリエイトリンクを貼るのは良くない」、というSEO界隈の人の話を聞いて、初心者なりに解釈して実践したものでした。

友人は男性用の財布を紹介するサイトを作っていました。1商品ごとにページをまじめに作っていたが、財布を購入するためのアフィリリンクを一つのページにまとめてしまったのです。

個別の商品紹介ページにはアフィリリンクは貼らず、別の一つのページにまとめてアフィリリンクを掲載。そのまとめたページへ、全記事からリンクさせていたということ。

今でもよく見かける手法で、トップページとか、ランキングページにだけアフィリリンクを貼り、その他は極力発リンクを減らすというのは無意識にやっている人も多いのではないだろうか。

これが数商品だったらよかったかもしれない。サイトを見せてもらうと、私に負けず劣らず50以上は掲載をしていた。もっとあったかもしれない。

目的・動機は異なるが、結果として出来上がったものは同じ状態となった。ほぼ同じような時期2014年初頭くらいにペナ通知を受けたことを知ったのもあり、アフィリリンクを貼りまくったページの存在によってペナルティ判定を受けた可能性が高まったということです。

1つのページに何十種類もの商品を並べ、それをすべてアフィリエイトリンクにしてしまうのはやっぱりNGなんだよね・・・という結論に今は至っています。

ユーザーを見て意味あるリンクを設置する

今ここまでのことする人はいないかもしれないですが、そう思うのは私に知識が付いただけで、初心者なら間違った解釈をしてしまうこともあるでしょう。

度が過ぎたアフィリリンクの設置は、結局ユーザーを迷わせてしまうことにも繋がる。グーグルから見ればユーザビリティが低いうえに、金のことしか考えてないサイトと見られても仕方なかったのだろうと思います。

リンクは全て意味を持っったものを設置するという意識に変わったのはここからです。膨大なアフィリリンクを貼らなければいけない理由など、我々のエゴ以外に理由を見出せませんからね。

サイト作成では一つ一つの作業を適当にしないで、合理的な理由付けができるような行動をしていきたいものです。

※ペナは分からんことだらけなので、他の事例に関してはまとめられ次第アップします。

コメント