地道な継続し続けるまじめなアフィリエイターと飲んだお話

ビジネス雑記
Business people to brainstorm a great opinion

アフィリエイトは地道に継続すればだれでも成果を出せる。

経験やスキルなどは関係なく結果を出せるビジネス。アフィリエイトではこれが可能というのは、誇張でもなくその通りであると思う。

私がアフィリエイトを教えた人の中でも、Iさんという飛びぬけてまじめな人がいる。

365日、淡々と、黙々と作業を続けて、2年で250万円という単月報酬にたどり着いた人の話は驚くほど謙虚かつ地味である。

誰にでもできるものではない、「作業の継続」

Iさんは私からしたら、実の親父と同じくらいの年の高齢の方。教えるというと憚られるような方であるが、ご縁あってサイトアフィリエイトを教授することになったのがちょうど2年前くらい。

それから休むことなく作業を続け、平成30年までには月収100万円と言っていた目標を大きく前倒して達成。まさにアフィリエイトドリームを手にし、さらに高みを目指して前進し続けている。

この人の生活は、アフィリエイターとは思えぬほど規則正しい。

5時に起床し、10時半には必ず寝る。朝方かつ健康そのものの生活をしている。

作業が途中でも生活のリズムは崩さない。むしろ生活リズムを崩さないように仕事のペースも考えてやっていってるのが正しいか。下手に長引いて頑張ったとしても翌日に響いてパフォーマンスが落ちるので、今日を長引かせるよりも日々の生活を大事にしてるということだ。

私はというと、寝たい時に寝て腹が減った時だけものを食べ、スイッチが入った時だけ仕事している。もちろん眠気も食欲も無視して仕事に没頭してるときもあるが、やはり継続していくという意味では毎日のパフォーマンスを維持するための生活スタイルは重要なのだ。

忠実なほど私のやり方をトレースしてきたが、生活スタイルだけはマネしなかったのは素晴らしい。

気持ちを込めて淡々と黙々と

Iさんはすでに定年されている方で、特にネットに詳しかった方でもありません。ネットビジネスは若い人が有利と言われますが、全然そんなことはなく年代問わず結果を出しています。

恐らくもっとも私を信頼してくれた人でしょう。他のノウハウには一切目もくれずに、私に言われたことを素直に実践してくれました。

何よりもすごいのは、もうすでに2年近くずっと更新を続けてきて、自分のサイトと向き合い育ててきたこと。

アクセスが少ない時期を乗り越え、アクセスの割に売れない時期を乗り越え、試行錯誤を繰り返してきた結果です。

順風満帆であったとはいえない。今思い返しても、挫折要因というのは要所要所で点在していた。それでもあきらめずに続けてこれたのはなぜだったのか?

Iさん曰く、「この人が成功してるんだから、同じようにやっていればいつか辿り着くはず」

作業している自分自身を信じていたからこそ折れるようなことは無かったのだ。やれば稼げると分かっていても、いざ行動が続かない人が多いのはどこかで不振に陥っているだけなのだろう。教えを請うている人のみならず、何よりも自分自身を信じることだ。

ノウハウよりも気持ちを込めて続ける

Iさんは、未だにアフィリエイト関係の情報には他に手を出してはいないという。

ノウハウとかライティングとか一定の型を取り入れてサイトを作っていくのは確かに効率がいいかもしれない。

しかし、どこかで気持ちというかサイト作成者の思いがないがしろにされる危険もある。個人のメディア・ブログにおいて大事なことは気持ちの乗った文章。

アフィリエイターが見て、「なんじゃこりゃ?」っていうようなサイトこそ、一般ユーザーの心をとらえているというケースは多い。

Iさんのサイトは誰がどう見ても素人の作ったサイト。特にカスタマイズなどもされていないのですが、検索エンジンからも読者からも評価されている。

個性があって親しみやすく、真剣に調べて記事を書いているのは伝わる。

綺麗なサイトなど必要ないのです。

久しぶりにお話をして、あらためて大事なことを再認識させられた感じです。

コメント