ASP間で同じ案件でも報酬が違う!リンク貼り変えるべき?

アフィリエイト

ASP間で同じ案件を扱っているものってありますよね。

独占案件ではなく、Aさんでも、Bさんでも、ATさんでも扱いがある案件ってたくさんあります。

よく言われるのが、ASP間で報酬が違うことがあるので、報酬の高い方を扱いましょうって話がでます。

ただし、単純に条件も同じとは限らないので、報酬だけで選ばないようにしましょうってのが今回のお話し。

なれた人ならできてると思いますが、これからアフィリ取り組もうって人に注意してほしいことです。

報酬発生の条件が異なる場合がある

ASP間で報酬額の異なるもので注意すべきことは、報酬発生条件が異なるというケースがあるので注意。

A社の案件は、お試しトライアル品の成約で1件2,000円

B社の案件では、定期購入のみカウントで1件6,000円

一見するとB社の方が報酬額は3倍もあって魅力的ですが、購入におけるハードルはお試しトライアルの方がはるかに低く、申し込まれやすい場合もあります。

1件が大きくても、定期購入となればガッツリ使いたい人に限られてくるため、よほどうまく訴求をしていかないと成約しない可能性も考えられるのです。

こういう場合は、私であればまずはお試し案件を掲載する。もしくはASPで重複OKなら、両方の案件を載せて、お試しと定期購入を並べて掲載して選択してもらうという方法を取ります。

LPが違って成約率に差が出る場合もある

ASP間で案件を張り替える際には、アフィリエイトリンクをクリックされた先の販売ページ(LP)もよく見ましょう。

同じ案件だから同じLPでしょ?というのは間違いで、最近ではASPが独自にコンサルを行ったりしてLPを訴求力の高いものに変えているケースも目立ちます。

私のケースで分かりやすい例を出すと、以下の2つのページを見比べてみてください。

A社(仮)・・・http://www.suntory-kenko.com/supplement/main/43322/?key=89

B社(仮)・・・http://www.suntory-kenko.com/contents/ad/60/pr/dha/id_g/?key=62514&utm_source=910%2F%2F%2F62514&utm_medium=PC_10

同じ商品を扱っているページでも全然違いますよね。

A社では全然成約しないのに、B社に変えたらバシバシ決まるようになった・・・という場合には、LPがマッチしてるということもあります。

結局アフィリエイトは紹介業ですから、どれだけたくさんのお客さんを広告主のサイトへ誘導できるかが勝負。その先のセールスは広告主の仕事になりますから、LPがダメダメではうまく成約しないことはよくあります。

ASPの変更をするならば、LPに違いはないか、訴求力の高そうなLPになっているかどうかを必ず確認するようにしましょう。

承認率にも違いがある場合もある

アフィリエイトにおいて重要な承認率も、ASPによって違いがある場合もあります。

詳しい内情はここに違うので言及は控えますが、バックに控えている広告代理店とのつながりであるとか、広告主からもらっている広告予算の割り当てに違いがあるという事情で承認率に開きが出ることが実際にあります。

こればかりは追求しても詳しく教えてくれない部分ですが、成約数は変わらないけど承認率が全然違う・・・という状況になるようならASPの変更も検討すべきかなと思います。

どれだけ報酬を積み上げても、承認されるまでがアフィリエイトです。承認されなきゃお金は入ってこないので、承認率に関してもじっくりと検討するようにしていきます。

張り替える時はテストして結果的にプラスになる方を

案件を別のASPから張り替える時は、テストしてから張り替えを検討しましょう。

案件の中には、報酬は低いけどお試し訴求に切り替えただけで成約率が跳ね上がり、通常の購入の報酬額を上回るというものもあります。その逆もまたしかり。こればかりは実際に誘導してみて検証しなければ分からないことも多いのです。

必ずしも報酬が高いからというだけでは、トータルとしてプラスにならないことがあるので注意。アフィリエイトにおいては、報酬額、成約率、承認率の3つの軸で検証しないといけません。

ある程度慣れた人ならいいと思いますが、始めたばかりでここまで深く考えたことなかったという人は、一度案件を見直してみるのもいいと思います。

コメント