ワードプレスは画像付きの関連リンクが簡単に作れる機能あり

wordpress アフィリエイト

ブログを運営している時にずっと気になっていたことがあります。

最近のブログでよく見かける、下のような画像付きの関連リンクが表示されているやつ。

[kanren id=”756″]

これはテンプレート独自の機能ですが、他のテンプレートでも使えたらなぁって思っていました。プラグインでもできるらしいですが、相性もあったりしてトラブルが起きるのが嫌なので結局使わずじまい。

しかしひょんなことから、ワードプレスで運営しているサイトであれば、簡単に下記のようなリンクを設置できてしまうことが判明。

ワードプレステンプレートをアルバトロスに変えました
今回は最近はまっている「ワードプレステンプレート」の紹介記事です。 オープンケージという会社から販売されている「アルバトロス」というテンプレートが熱い! オープンケージさんのホームページ このブログのテンプレートもアルバト...

これってワードプレス使ってる人にとっては当たり前なの?って思っていましたが、とりあえず妙に感動してしまったので記事ネタとして書いてみます。

使い方は簡単で、記事のURLを直接コピーして、記事作成エディタ上で貼りつけるだけというもの。上手くいかないときには、テキストエディタとビジュアルを切り替えたり、貼り直してエンターで改行したりすると反映されます。

ワードプレス独自の機能らしく、どのテンプレートでもワードプレスであれば問題なく表示されました。

使いどころとしては、関連の記事を見せたいけれど、テキストリンクだけでは弱くて画像付きのリンクを表示させたいってときに見た目が華やかになります^^

クリックされるかどうかは別で、見ている人の属性や興味度合いによって変わります。必ずしもすべてのケースで通用するとは言えないですが、使いどころ次第ではリンク先が分かりやすくて反応は上がる可能性がありますね。

ちなみにこの機能、自分のサイトの内部リンクとして使うだけではなく、ワードプレスで運営されたサイト同士なら別のサイトでも表示が可能です。

秋のアオリイカエギングの釣り方アクションからタックル選びまで総特集
例年9月頃から釣れ始める、秋の新子アオリイカを狙ったエギング。未だにブームは衰えず、毎年堤防はエギングで竿を振る人で埋め尽くされる状況が続いています。 一方でエギングも思うように釣れないという人や、これから始めてみたいけ ...

これは私が書いている釣りのブログの記事ですが、別サイトであっても機能しますね。

ワードプレス以外のサイト作成ツール(シリウスなど)で作られたサイトや、HTMLで作り込んであるサイトでは使えません。

簡単なのはありがたいけど気になる点もある

一つ気になるのが、同じようにURLを貼りつけたにもかかわらず、異なる表示になってしまうこと。上の2つの表示方法が少し異なるのが分かると思います。

 

※追記:画像を変えたら表示が変わってしまった。やっぱ画像サイズに関係するのか?引き続き検証します・・・。

福井「敦賀・越前」アオリイカ実釣エギング調査2016!今年はイカの成長が早い
2016年9月2日、台風が連続するこの時期としては貴重な凪の海へ、秋のアオリイカの調査としてエギングをしてきました。 シーズン初期とは思えないようなサイズが飛び出したり、すでにかなり深い場所にてヒットするなど例年とは少し ...
福井「敦賀・越前」アオリイカ実釣エギング調査2016!今年はイカの成長が早い
2016年9月2日、台風が連続するこの時期としては貴重な凪の海へ、秋のアオリイカの調査としてエギングをしてきました。 シーズン初期とは思えないようなサイズが飛び出したり、すでにかなり深い場所にてヒットするなど例年とは少し ...

同じサイトへのリンクでも、貼りつけるURLによってこのように大きく画像が表示されたり、小さくまとまっていたりと法則が不明。

表示される画像は記事に設定したアイキャッチ画像となるため、もしかしたら画像のファイルサイズやアスペクト比が関係している?とも考えましたが、色々やってみて画像のサイズではない模様。

最初の見出しまでのテキストの量とか、記事全体の文字数とかでもない。何度も貼りなおしてみても、小さいのは小さく大きいのは大きいまま。

小一時間調べていましたが、いまいちわからないのは非常に申し訳ない限り。

後日詳細が分かり次第追記しますが、現状は大きな画像表示でもそこまで圧迫するものではないし、スマホで見ても違和感はないので良しとしています。

個人的には、画像付きのリンクって今後は重要になると思います。

yahooのサイト内の広告なども、以前はテキストだけだった部分が画像付きのリンクが増えているなど、目を惹き興味を引き出す画像であれば反応は向上すると思います。

非常に簡単ではありますが、意外な盲点というか今までなぜ気づかなかった?という機能だったので書いてみました。

コメント